ブログ

12月の内容

12月1日

機械名: 玉置 グラップルソー

仕事内容: グラップル(開き)ストッパー溶接取付

グラップルとは、丸太材を掴むアタッチメント(機械類の付属装置)

丸太を挟む腕が油圧シリンダーで開いた時に、ストロークエンドになる前に止める

ストッパーの溶接

この部分の溶接はしっかりしないと亀裂が起きてしまうんです。

挟むアタッチメントの種類

ホーク: ベースマシーンと平行方向のものを挟む・・・主に解体業界で使われる事が

 多い。

グラップル: 回転するのでどの方向の丸太でも挟む事ができる。

グラップルソー: グラップ機能に油圧チェーンソーを組み込んだもので、枝を払った

丸太を挟んで切断することが出来る。

プロセッサ: グラップルソー機能に送り機能とナタを組み込んだもので、倒した

丸太を挟み、送ることで枝を払い、次に送りながら寸法をデジタル

で測定して切断し、これを繰返す。

ハーベスタ: プロセッサ機能に木材が立っている状態から挟み、伐採して倒す機能を

                  組み込んだもの。

プロセッサ、ハーベスタは素性の良い木材でないと生産性が上がらないようです。

これらのアタッチメントを見れるとおもしろいですよ~wink

    クレーンゲーム(UFOキャッチャー)だと挟む力が弱いけど本物は強力ですよ~scissors

 


トラックバック

http://cms.otegaru-web.jp/cms/mt-tb.cgi/6123